LOADING
ステージ&Special Thanks
京都両洋高校チアリーディング部 ”herz”

元気・勇気・笑顔」をモットーに、また、「たくさんの人から愛され、応援されるチーム」という目標を掲げて、毎日楽しく活動しています!

https://www.facebook.com/1451073978541150/

あまゆーず

兵庫県出身のピアノとギターの弾きがたり。元保育士 デュオ。2009年にサンミュージックより全国デビューしオリコンにも連週登場。優しいバラードからアップテンポのオリジナル曲を100曲以上持つ。兵庫県交通安全の歌、神戸市あいさつソングなどを歌っている。

https://www.office-shinkou.site/amayu-zu-profile

有咲りん

大阪府出身19歳ギター弾き語り女子大生。 曇りのない澄んだ歌声には定評があり、オリジナル曲は思わず引き込まれる魅力がある。カフェで生歌生ギターのアンプラグドライブを実施中 。

https://www.office-shinkou.site/arisaki-rin

BonBonds(ボンボンズ)神戸

ボンは盆踊り、ボンズは「bond」繋ぐ、結束という意味。テーマは「みんな違ってみんなでダンス」障がいがあってもなくても、子どもも大人もみんな違ってみんないい。違いを知りながら、お互いを認めながら、みんなで楽しく踊る。ダンスで人と人を繋ぎます。

https://facebook.com/bonboribbon

多田駿介

1996(平成8)年生まれ。兵庫県川辺郡在住。

小学校3年生の時にマリンバを始める。中学校では剣道部に所属し、3年間、朝練も卒業まで休まず参加!高校は西宮市にある高等専修学校に入学。電車を3回乗り換えて通学。

高校時代、色々な検定にチャレンジし漢字検定準2級をはじめ、エクセル検定3級、電卓検定3級、ワープロ検定4級に合格。在学中に介護ヘルパーの資格も取得。

現在は、特別養護老人ホームで介護職員として勤務中。

2015年、自動車普通免許を取得し、自宅周辺では軽自動車を運転しています。

特技:マリンバ演奏。2018年にはオーストラリアで演奏する機会をいただきました。

好きなもの:日本の歴史、ミニカー集め、カード集め

趣味:お城めぐり

https://www.facebook.com/chikage.tada

大西匡哉・早川千晶

★大西匡哉(おおにし・まさや)

ケニアのドゥルマ民族の村で、伝統文化継承者スワレ・マテラ・マサイ氏に師事し、8年間に渡るケニア音楽修行を終え2013年帰国。ドゥルマ民族の伝統打楽器「ンゴマ・ンネ」に独自の楽器を加えたセットや、アフリカンスタイルを取り入れたアコースティックギターなどで、オリジナリティ溢れるライブを展開している。

2014年、ソロアルバム『Tuvute Pamela~みんなで引っ張ろう!』をリリース。

2016年、ブルキナファソ出身のミュージシャン、Benoit Millogo氏、山北紀彦氏とともに、BALANGOMA結成。2017年、『Yiriba~大きな樹』をリリース

2018年、ドゥルマ民族の伝統音楽センゲーニャの継承者・14名の旗持の1人として正式に就任。聖地カヤダガムラへの民族回帰計画のサポートを開始。Sengenya Japan代表。

https://www.youtube.com/user/sauti15

 

★早川千晶(はやかわ・ちあき)
ケニア在住31年。キベラスラムのマゴソスクール運営者。撮影コーディネーター、通訳、ライター、「アフリカに深く触れる旅」案内人。
1999年、ナイロビ最大級のスラム・キベラで、孤児・ストリートチルドレン・貧困児童のための駆け込み寺「マゴソスクール」を設立、ミリティーニ村にジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)、キベラスラム出身の高校生・大学生の奨学生グループ「マゴソOBOGクラブ」、マゴソ洋裁作業所、障がい児特別学級などを運営している。 2013年在ケニア日本大使館在外公館長表彰 、 2015年度第5回賀川賞受賞。2018年ドゥルマ民族の旗持に就任。

http://magoso.jp/